決算書作成ビギナー講座

決算書作成に自信のない方のための決算書作成ビギナー講座

決算書の作成についてお悩みではないですか?

初めて作成するから作り方が良くわからないという方や、作ってきたけど本当に問題がないか自信がないとお悩みの方がいらっしゃるでしょう。そこで、ここでは決算書作成の流れをご紹介します。作成方法に自信の無い方は、ぜひ一度確認してみてください。

決算から申告書作成までの具体的な手順

決算では、帳簿の整理と決算書類の作成を行う必要があります。具体的には以下の流れです。

(1) 決算整理仕訳

減価償却費の計上など、決算時に行う仕訳を整理します。この作業を決算整理仕訳と呼び、この作業を終えることで、法人税の確定や消費税申告書の確定ができます。

(2) 勘定科目内訳明細書の作成

勘定科目内訳明細書を後から作成すると、利益が変動して法人税の計算を再度行うことになります。
そのため、勘定科目内訳明細書は早めに作成します。

(3) 残高試算表の作成(未払法人税の計上前)

残高試算表は、決算整理仕訳が完了した時点で、一般的な会計ソフトを利用すれば既に完成しているため、プリントアウトしましょう。

(4) 法人税申告書の作成

未払法人税等の計上前の残高試算データを基に法人税申告書を作成します。
項目には、「別表一・別表四・別表五(一)」のような必ず記入するものと、会社によって記入するか変わるものがあるため、国税庁HPにある記載の手引・順序を確認してください。

(5) 事業税申告書・都道府県申告書・市民税申告書の作成

事業税・地方法人税・都道府県民税・市民税のいずれも、法人税申告書の数値から算出できます。
事業税は、法人税申告書の別表四の所得金額を利用して算出します。地方税法人特別税・市民税は、事業税に税率をかけます。都道府県民税は、法人税申告書の別表一で求めた法人税に税率をかけます。

(6) 決算処理

ここまでで期中に発生した利益にかかる税金の算出が終わったため、決算処理が行えます。法人税・事業税・地方法人税・都道府県税・市民税を費用として損益計算書に、負債として貸借対照表に計上します。

(7) 残高試算表の仕上げ

決算処理が終わると、最終的な税引き後の利益が変動しているため、改めて残高試算表を作成します。
これが完成版です。

(8) 法人税申告書の仕上げ

完成した残高試算表を基に、法人税申告書も確認・修正し、完成させます。

このように、決算処理にはいくつものステップがあります。
順番や作業を間違えると面倒なことになるためお気をつけください。
決算書を自分で作成する自信のない方には、税理士や会計事務所に作成を依頼するという手段もございます。
お気軽にご相談ください。


※ご注意ください

作成日:2018年3月
上記の情報内容は作成日現在の法令に基づいておりますが、閲覧者様の具体的な行為、取引等に適用する場合においては、状況により上記の情報内容と異なる場合も考えられます。閲覧者様に生ずる損害・不利益等に関しましては、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。