役員報酬について

役員の給料(役員報酬)について

(1) 役員の給料(役員報酬)について

役員の給料(役員報酬)については、定期同額給与・事前確定届出給与に該当しなければ、全額が経費として認められません。

(2) 定期同額給与

定期同額給与とは、毎日・毎週・毎月のように1ヶ月以内の期間で支払われる給与で、その支給額が同額であるものをいいます。年の中途の変更は、基本的に認められません。

(3) 役員報酬を変更できる場合

  • (A) 会計期間開始の日から3月経過日までの変更
    役員報酬を変更できる場合(A)
  • (B) 役員の職制上の地位の変更、職務内容の重要な変更など、やむを得ない事情があった場合
    (例)
    取締役→代表取締役などへ、地位の変更があった場合
    役員報酬を変更できる場合(B)
  • (C) 経営の状況が著しく悪化したことなどの理由による変更など。
    (但し、減額した場合に限ります。)
    (例)
    第三者である株主、債権者、取引先等との関係上、減額せざるを得ない事情が生じている場合。
    (単純な業績悪化は×)
    役員報酬を変更できる場合(C)
  • 上記(A)~(C)は、変更前の一定期間における支給額が、それぞれ同額であり、変更後においても、一定期間の支給額は、それぞれ同額でなくてはなりません。

(4) 役員報酬を増額するときの注意点(定期同額給与)

例えば、会計期間が4月1日からで、5月末に開催される株主総会などにおきまして、6月以降に支払う役員報酬の増額が決議された場合、4月分と5月分も、さかのぼって支給しても良いのか?という問題が生じてくると思います。

この場合、株主総会などで増額が決議され、その後から支払う役員報酬は、経費として認められますが、さかのぼって増額分を支給したとしても、その分は経費として認められませんので、ご注意ください。

  • (例)
  • ・会計期間は4月1日~
  • ・5月末、株主総会において、6月からの役員報酬を10万円→15万円に変更
  • ・4月分、5月分をさかのぼり6月に支給した場合

役員の給料を増額するときの注意点

4月分、5月分の5万円、合計10万円を、6月に支給した場合、その合計10万円は経費として認められません。

※ご注意ください

作成日:2012年2月
上記(1)~(4)の情報内容は作成日現在の法令に基づいておりますが、閲覧者様の具体的な行為、取引等に適用する場合においては、状況により上記の情報内容と異なる場合も考えられます。閲覧者様に生ずる損害・不利益等に関しましては、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。